最近、コンビニの24時間営業の話題がよくニュースになっています。

コンビニのフランチャイズ店では、人材不足が深刻化しているとのこと。

人を集めるのが大変ということです。

自分はIT系の職場で働いていますが、やはり常に人材不足だなとの印象です。

人材不足の時は、ニートもチャンス。

自分もまた、人材不足で誰でも入れてしまう時期に就職することができました。


それでも、働きたくない、というニートは多いかもしれません。

その理由として、精神的な病気を抱えているから、というのもあると思いますが、

自信がないという方も多いのではないでしょうか。

病気の方は治療を優先するしかありませんが、自信がないという方は、少しずつ自信をつけていきませんか?



スポンサーリンク

ビジネス本やデイケアを

病状の症状が落ち着いてきて、少しポジティブな感情も芽生えてきた方は、ビジネス本をたくさん読んでいくことをおすすめします。

長い間、ニート生活をして、何の準備もせず、ぼ~とした状態で、社会に飛び込むのは、危険なところもあります。

職場にいって、ぼ~としてると、いろいろ言われてしまいますので。

そうなると、また自信なくしちゃいますよね?


なので、まずはPDCAサイクルやマインドマップなどの思考法をまなんだり、コミュ力についての本をよんだりなど、社会で生き抜くための思考力を学んだり、知識を入れたりしたほうがよいです。

とはいえ学んだことを、いきなり仕事で試すというのもどうかと思います。

今は、いろいろサボートしてくれる場所がありますので、それを実験台と思い、利用してみてはどうでしょう。

デイケアなんかはいいかもしれません。

みんなと一緒にご飯を作ったりするのは、いいんじゃないでしょうか?

コミュニケーションをとりながら、作業をしていくのは、社会に出る前の丁度いいい練習場になるはずです。


自分も経験ありますが、長くニートをしてれば、こんなこともくたくたに疲れてしまいます。

そこから家に帰ってからが大事です。

問題点などをノートに書いて、改善点などを書きこみ、PDCAサイクル を実行していきましょう。

バイトを挟んでも

コミュニケーションの練習や脳が動くようになってきたら、

そろそろ次のステップに。

その後、今はニートでも、利用できる就職支援サービスがたくさんありますので、それをすぐに利用してもいいですが、

バイトを挟むのもありだと思います。

バイトでうまくやれれば、自信もついて、いよいよ働こうという気になるかもしれません。

ちなみにこちら、コミュ力にないニートでもできるバイトを集めてみました。

ニートや引きこもり脱出に最適のバイトは?

まとめ

現在、人材不足といわれていますが、自信がなければ、焦っても仕方ないです。

無理なもの無理ですなら。

治療が必要なニートは治療を。

少し元気になってきたニートは、ビジネス本などをよんで、デイケアや を利用して、思考法、コミュ力などを高め、

バイトでさらに自信をつけてから、就職支援サービスを利用してみてはいかがでしょう。



スポンサーリンク


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク