週間SPAでこのような記事が載っていました。
(⇒一度辞めると再就職先がない…地方在住・20代の悲鳴)


この記事には、地方の20代の男性が2人紹介されます。


1人目は、27歳の男性。

高校卒業後、憧れだったバイクの修理店に就職。

しかし、一日、20時間労働で、睡眠時間は3時間ほど。

しかも給料は8万円。

結局、体調を崩して、パニック障害になってしまったそうです。

現在は、そこの仕事はやめ近所の畑仕事を手伝っているとのこと。

東京で仕事を探そうにも、貯金もできないし、引っ越す貯金もなく、再就職は難しいようです。


もう一人SPAで紹介されていたのは、

22歳の地方に住む男性。

高校を卒業して、地元の工業で働き、トラック運転手を目指して、就職活動をしてるそうですが、

なかなかうまくいかないようです。

お金がつくれず上京できない

上でご紹介したように、地方の20代の人で、再就職が難しいと悩んでいる方は多いようです。


しかし、東京など首都圏にくれば、選ばなければ、本当に仕事はたくさんあります。

東京のほうは、人手不足で大変。

どこも人材を集めるのに苦労しています。

ですから、地方の20代で仕事がない人は、上京してしまった方が、

就職には絶対いいはずです。


ただ東京で暮らすとなると、結構、家賃が高くなります。

上京するのが難しいと感じるところがるかもしれません。

神奈川、埼玉、千葉に住めば、安い地域もあり、

そこから職場に通うという手もありますが、

家賃だけでなく、敷金や礼金、

家具を買いそろえたり、引っ越し代など、

家賃以外にも、最初は、本当にお金がかかりますね。

かなり貯金がないと、難しい部分があるかもしれません。

住居も支援してくれるところを選ぶ

地方の20代の人で、上京したいけど、

なかなか貯金ができないという方は、

住居も世話をしてくれる職場を選ぶことを考えてみてはどうでしょうか。


勿論、職場で用意してくれる場所に、ずっと住むのはおすすめできませんが、

最初の一歩としては、とても便利です。


製造業や工場などは、こちらのサイトで寮完備の仕事を探すことができます。



こちらで見つけた職場で、正社員を目指すのもいいですし、

さらにステップアップを目指して、自分のやりたい仕事をみつけてみるのもいいと思います。


また、自分は、もともとニートだったのですが、20代半ばから警備員をやった後に、29歳でIT系の仕事に就くことができました。

IT系の仕事は、現在、人材不足になっていて、

未経験の人でも働ける職業となっています。


そのIT系で、住居を支援してくれるところがあります。

ネットビジョンアカデミーというところです。



こちらですと、シェアハウスが2か月賃貸無料サービスとなります。

シェアハウスはシェアルームとは違い、プライベートが確保できます。


ネット系の仕事は、未経験者でも簡単に資格がとれ、

就職も可能です。

また、自分の職場を見ていると、首都圏の実家通いの人より、

地方からきている人のほうが、圧倒的に仕事ができ、長く続ける傾向があります。

これはどこの業種でもそうだと思います。

IT系のネットワークエンジニアは、人材不足でかなり狙い目ですから、

地方の20代で、就職ができず悩んでる方にはおすすめです。

上京するならネットビジョンアカデミー(NVA)


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク