警備員のバイトをしようと思っている方で、トイレについて不安に思っている方はいないでしょうか?


トイレがない現場は我慢するしかないのでしょうか?

ここでは、警備員のトイレ事情について書いていきます。

スポンサーリンク


ほとんどの現場ではトイレの不安はありません

警備員のトイレ事情ですが、ほとんどの現場で不安に思うことはありません。

当然ですが、施設警備であれば、建物の中にトイレがありますので、

奇麗なトイレを使うことができます。


また、交通警備でも建物の建築現場ですとか、高速道路の建築現場ですとか、

かならず仮設トイレがあります。

大手ゼネコンの大きな現場などでは、トイレも奇麗ですし、水道も石鹸もありますし、トイレットペーパーも在庫が切れるということはないはずです。

施設警備でも交通誘導警備の大手ゼネコンの大きな現場では、トイレの心配はありません。

トイレが汚い現場も?

次に仮設トイレはあるけど、とても使う気になれないという現場もあります。

仮設トイレに入ってみると、トイレットペーパーが詰まっていて、ハエがぶんぶん飛んでいたり、トイレットペーパーがなく在庫も詰所に在庫もなかったり、我慢して小さいほうをするぐらいしかできないという現場もあります。

また、現場によっては水道もなく、トイレに入った後に手を洗えないという現場もあります。


この手の現場では、前日の飲食に気を付けて、当日に大きい方がしたくならないようにしたほうがいいです。

また、ウォッシュペーパーをたくさん持参したほうがいいです。

トイレがない現場も?

警備員の仕事にはトイレのない現場もあります。

電線工事の警備員や道路工事の片側通行の警備などです。

この場合、仮設トイレがありません。

トイレを使わせてくれるコンビニ、公園のトイレ、公共施設が近くにあればいいのですが、

ない場合もあります。

こういう時が、とても困ります。


ここで気を付けてほしいのが、

そこらへんに小便をしてしまうことです。

とくに年配の方がやりがちなのですが、

これは絶対やめたほうがいいです。

万が一、住民などが、その行為を見ていた場合、クレームをだしてしまうことがあります。

実際、クレームがあったということも聞いたことがあります・


では、どうすればいいかですが、

仕事の前のどこか探すしかありません。

トイレは警備員だけの問題ではなく、作業員の方の問題でもありますから、

作業員の人に聞いてみるのもいいと思います。


しかし、実際問題、本当にトイレが周囲にないという現場もあるにはあります。

自分の場合、半日くらい小をしないですむよう前日から水分をとらないなどしていたこともありました。

どうしてもしたくなる時は仕方ありませんので、現場監督などに言って、どこかトイレがあるところまで行くしかないですね。


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク