入ったばかりの職場で、いじめら嫌がらせに合って困っているという人はいないでしょうか。


自分もいいろな職場を経験し、

いじめや嫌がらせをされたことがあります。

また逆に、先輩になってみると、新人にカチンときたことも何度もありました。
(勿論、自分がいじめや嫌がらせをしたことはありませんが)

ここでは、入社したばかりの人が職場でいじめや嫌がらせをされる原因について、

対処法ややり返し方について書いていきます。

スポンサーリンク


職場でいじめや嫌がらせされる原因と対処法ややり返し方

では、職場で新人がいじめら嫌がらせをされる原因はなんでしょう。

また、対処法ややり返し方もご紹介します。

何度も同じミスをするのが原因でのいじめ

職場の先輩に仕事を教えてもらっても、

何度もミスしてしまう、

どうしても仕事が覚えられない、

という方もいると思います。

最初、優しかった先輩も徐々にイライラしていき、

最終的にいじめや嫌がらせをしてくるかもしれません。


この時の対処法ややり返し方ですが、

仕事を覚えればいいだけです。

仕事ができるようになれば、いじめや嫌がらせもなくなくなります。

仕事を覚えても、理不尽ないじめや嫌がらせがある場合、

一発キレてみてください。

態度がガラッと変わるかもしれません。

自分は仕事を覚えてから、ガツンと一発強気な態度を見せるだけで、相手の態度が変わるのを何度も経験しています。

職場の人間全員が病んでいるのが原因

不幸な人が多い職場というのは間違いなくあります。

ブラック企業などに多く離職率の高い職場です。

新人が入っても、いじめや嫌がらせを受け、

すぐに辞めてしまします。

この手の職場は、仕事を覚えて仕事ができるようになっても不幸は続きます。

職場での楽しみと言えば、他人のミスやいじめです。

自分が不幸なので、他人の不幸をみると、

心が瞬間的にスカッとし、ガス抜きになります。

仲のいい同僚とミスした人やいじめられている人のことについてギャグような感じで笑いのネタにし、

ケラケラ笑ってストレスを解消します。


さて、こんな職場でいじめをうけたり嫌がらせをされたときの対処法ややり返し方ですが、

それなりに他の職場でもやる自信のある人でしたら、

こんな職場はすぐ辞めたほうがいいです。

時間の無駄です。

実力のある方は、こんなブラック会社にいないで、もっといい会社で働けると思います。

だだ、やっとこの会社に採用された、他に行く場所がない、

という方は耐えるしかありません。

いじめや嫌がらせを受けながらも仕事を覚えていくうちに、

先輩方も徐々に仲間として受け入れてくれます。

人生の修行の期間だと割り切り、仕事を覚えていき、

3年くらい頑張ってから、もっといい会社の転職してみたらどうでしょうか。

先輩がコンプレックスを抱えてのが原因

先輩がコンプレックスを抱えていて、自分のないものを新人が持っていると、

その新人をいじめたり嫌がらせしたりするというのはあります。

例えば学歴コンプレックスです。

自分が中卒や高卒なのに新人が大学をでているなんていう場合、

わざと仕事を教えなかったり、意地悪してきます。


この時の対処法ややり返り方ですが、

普通に仕事だけ頑張って、優秀なところを見せつけてやれば、

向こうもうちのめされて何も言ってこなくなります。

オドオドしていたりいじめられるオーラを出しているのが原因

これは、学校でのいじめと同じかもしれませんが、

やはりオドオドしていたりいじめられるオーラを出していると、

会社でもいじめや嫌がらせを受ける原因になります。


この時の対処法ですが、

これはもうこのままでは、どこにいってもいじめられてしまいますので、

自分を変えるしかありません。

もし、過去のトラウマなどが原因なら、トラウマなどから向き合っていかねばいけないケースもあります。

過去を思い出した時、気づいてほしい感情が怒りです。

怒りの感情こそが重要だと思います。

そして、次に職場でいじめられたりしたら、

その怒りの感情を思いっきりぶつけてみてください。

暴力は絶対いけませんが(^-^;

相手は驚き、態度をガラッとかえるかもしれません。

また、へーそういう一面もあるんだ!、ということになり、

職場で上司の評価もあがるかもしれません。

筋肉質になって自信がつき「なめられない人」になる

挨拶できない病気?障害なのか?原因は?どうすれば苦手を克服できる

イメージトレーニングでバイトや仕事が上手くいく

コミュ力を上げる方法は?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク