元ニートの人が正社員を目指すとき、

いきなり正社員で採用されるのは難しいかもしれません。

そんな時は、正社員登用ありという求人に応募して、

契約社員から頑張ってみるのもいいかもしれません。

でも実際のところ、契約社員から正社員になれないという人はたくさんいます。

正社員登用は嘘?

なんて思う人もいるかもしれませんが、

そんなことはありません。

自分は、いろんな職場で、

バイトから正社員なった人、

契約社員から正社員になった人をたくさん見てきました。


どういった人が契約社員から正社員になれるのでしょうか。

ここでは、どういう人が正社員になっていったのか自分の経験から書いていきます。

スポンサーリンク


仕事ができる人

まず当然ですが、仕事が圧倒的にできる人です。

これはまあ当然ですよね。

若い人

次に若い人です。

特に25歳以下の人です。

仕事ができる人もそうですが、

もう一つ若い人の場合、素直で年上から可愛がられるキャラクターが重要のようです。

若い人場合、これから教育すればいいので、

現時点で仕事がそれほどできなくても人間性だけで契約社員から正社員になるというパターンもあるように感じました。

周囲の問題も解決できる人

次にある程度、年を取った人で契約社員から正社員になりやすいタイプですが、

周囲の問題も解決できてしまう人です。

自分の仕事をこなすのは当然ですが、

周囲の人をよく観察して、

困っているようであれば、その人の仕事も手伝ってあげるといいです。


尚、派遣先の会社で派遣社員として仕事をする場合ですが、

特に同じ会社の人の仕事を手伝ってみてください。

派遣元からどんどん新しい人がきますが、

その新しい人を意地悪したり、潰そうとしたりせず、

派遣先で生き残っていけるよう助けてあげることが重要です。


派遣会社としては、派遣先の会社に1人でも多くの人間を送り込みたいところですから、

その新しい人を救ってあげることは、とても助かるのです。

そうこうしているうちに、あなたの評判はどんどん良くなっていきます。

派遣元の会社でも評価は高まりますし、派遣先の会社でも当然、そんな人間性を見ています。

派遣元で契約社員から正社員にステップアップできるかもしれませんし、

派遣先で引き抜きがあり、正社員になれるかもしれません。

派遣先が大手の会社であれば、あなたは、一気に大手の正社員になれることになります。

休まない人

また特に忙しい職場で感じましたが、

休日も返上で働いてくれる人は、契約社員から正社員になりやすいと感じました。

「休みなんていりませんよ」

とかいう感じの人です。

まあ会社にとって都合がいいですよね。

本気になったら、こういう姿勢は大事なのかなとも思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

正社員登用は嘘なんて嘘だろ?

なんて思っている人も多いかもしれません。

自分はいろんな職場でいろんな人を見てきましたが、

契約社員から正社員になれないなんてことはありません。

正社員になった人をたくさん見てきました。

ここでは、自分の経験から、どんな人が契約社員から正社員になっていくかをご紹介しました。

イメージトレーニングでバイトや仕事が上手くいく

資格に落ちる人や仕事ができない人のお勧めの思考法

コミュ力を上げる方法は?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク