CADオペレーターという仕事があります。

ニートにはどうでしょうか。

CADオペレーターはどんな仕事なのか?

給料は?

辛いのか?

向いている人や資格について書いていきます。

スポンサーリンク


CADオペレーターはどんな仕事?

まずCADとは何かですが、Computer Aided Designの略称です。

コンピュータを用いて設計をすること、あるいはコンピュータによる設計支援ツールのことをいいます。


CADオペレーターは、コンプピューター(パソコン)で設計支援ツールを使って、建築物などの図面を作成していく仕事です。

ビルなどをつくる時に、最初に設計図をつくるのは設計者ですが、

CADオペレーターは、その設計者の支持に従い図面を作成したりしていきます。

CADオペレーターはニートでもなれる?正社員にもなれる?

CADオペレーターは、ニートにでもなれるかですが、

ニート出身からCADオペレーターになれている人もいます。

景気のいい時は、人材不足になるからです。


また、若いニートであれば、最終的に正社員になっていく人もいるようです。

ただ、いきなり正社員はきついので、派遣社員や契約社員などから会社に入り、

その後、評価されて正社員になっていくというパターンようです。

CADオペレーターは辛い?

当然、どんな仕事にも辛い部分はあります。

CADオペレーターの辛い部分はどんなところでしょう。


CADオペレーターは、長時間、パソコンの前に座り作業をしなければなりません。

ということで当然、腰痛や肩こりや目の疲れは職業病となっていきます。


また、社内では見下されるポジションになると言われています。

特に設計士などから酷い扱いをうけることもあるようです。

CADオペレーターに向いてる人は?

CADオペレーターに向いている人はどんな人でしょう。

パソコンの操作に慣れている人が挙げられます。

ブラインドタッチができたり、ショートカットキーを使いこなせたりすると作業が速くなります。

同じ姿勢でいることが耐えられることも重要です。

上でも書きましたが、一日中、パソコンの前で椅子に座って作業しますので、

じっとしてるのが辛いという方には不向きかもしれません。

CADオペレーターの資格は?

CADオペレーターの資格は、国家資格はありませんが、

民間の資格はいくつかあります。

CAD利用技術者試験が最も代表的な資格です。

この資格は、CAD利用技術者基礎試験、CAD利用技術者試験、3次元CAD利用技術者試験とに分かれています。

未経験でCADオペレーターを目指す方は、こちらの資格を取得していくとよいとです。

どうやって勉強するかですが、

職業安定所やスクールなどに通ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ニートからでもCADオペレーターは十分に狙えます。

上手くいけば正社員になれる方もいます。

給料も安く、職場では見下される立場になるようですが、

一日座って仕事をしたいというニートの方は、

CADオペレーターを目指してみてはどうでしょうか。

ニートで職歴なしで職業訓練校に通うのはおすすめ?

ニートはどんな資格を取得すればよいのか?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク