ニートから脱出して正社員になる方法ですが、目指したい業種の職業訓練で1年くらい学んでから正社員を目指すという方法もあります。

まずはバイトをして、ニートから脱出してから、ご自身の目指したい職業訓練を受けてみてはどうでしょうか。


職歴なしのニートでも職業訓練は通えます。

コースによっては、資格を取得することも可能です。

しっかり自分の将来を考えて、もしそれに合った職業訓練に通えるなら、

ぜひ活用したいところですね。

スポンサーリンク


職業訓練にいくメリット

若干授業料がかかる職業訓練もありますが、基本的に授業料は無料。

交通費もでます。

教科書代程度の費用しかかかりません。


上でも書きましたように、コースによっては、資格の取得できます。

就職にも有利になります。


しかも学校のような感じになるので、友達ができたりするかもしれません。

怠けた日々からも解放されて、規則正しい生活も送れるようになります。

面倒な部分も

職業訓練ですが、面倒な部分もあります。


ハローワークにいっての手続きが面倒だったり、講座によっては定員があるので、定員より受講希望者が多い場合は、面接や試験もあります。

いつも定員割れしているコースもあれば、人気のコースもあり、

倍率の高いコースですと、落ちることもあります。


また、職業訓練が受けられるようになっても、

毎日、学校みたいな生活がはじまります。

当然、人間関係もできています。

周りはどんどん仲良くなっていったりしますから、

浮いてしまうと辛いことになります。

職業訓練ではどんなことが学べる

職業訓練では、機械関係、建築関係、電気関係、IT関係、介護関係など、さまざまコースがあります。

資格が取得できるものもあります。


自分が将来やりたい業種をしっかり決めてから、職業訓練を受けましょう。

正社員になりやすいのは?

職業訓練をうけて、正社員を目指しやすいのは、なんといっても介護です。

介護職員初任者研修を取得できれば、

介護の資格のスタートラインにたてます。

介護の仕事は人手不足なので、

ニートから正社員を狙うなら介護がおすすめです。


個人的にニートから正社員を目指す場合、時期によっては20代ならIT系もおすすめなのですが、

プログラマーやWebデザイナーあたりは職業訓練だけでは厳しい感じがします。

申し込み方法は?

職業訓練の申し込み方法ですが、住居地を管轄するハローワークまたは職業能力開発センターとなり、本人が申し込む必要があります。

尚、入学の時期は、4月が大半となっていますが、7月、10月、1月スタートもあります。

まとめ

職歴なしのニートから正社員を狙う場合、職業訓練に通うのはおすすめです。

特に介護は、正社員を狙いやすくなっています。

ニートに介護の仕事は辛いのか?人間関係やクレームできつい?

ニートからIT系の仕事は可能?正社員にもなれる?

資格に落ちる人や仕事ができない人のお勧めの思考法


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク