警備員を真面目にやっていこう。

生涯の仕事を警備員に決めた!という方は、資格をどんどん取得していきたいところです。

といいますか絶対に取得するべきです。

資格を取得するメリットはたくさんあります。

  • 給料が上がる
  • リーダー的な存在になれる
  • 就職や転職にも有利
  • 資格によっては警備会社もつくれる

などがあります。


警備員の現場によっては、資格を所有した人がいないといけない現場もあり、

資格所有者は、会社から重宝されます。

ここでは、警備員の資格の種類、取り方や勉強について書いていきます。

スポンサーリンク


警備員の資格の種類は?

警備員の資格の種類はどうなっているでしょう。


警備員の資格には、

  • 施設警備業務
  • 交通誘導警備業務
  • 雑踏警備業務
  • 貴重品運搬警備業務
  • 核燃料物質等危険物運搬警備業務
  • 空港保安警備業務

という6種類の資格が定められており、それぞれに1級と2級があります。


2級のほうは特に取得条件のようなものはないので、

誰でも受けられます。

1級の方はいきなりは受けることはできません。

2級合格してから、当該警備業務に従事した期間が1年以上の現職警備員のみということになります。


また関連する国家資格としては、

警備員指導教育責任者機械警備業務管理者という資格もあります。

ここまでの資格が取得できれば、

警備員としては、かなり安泰ではないでしょうか。

警備員の資格の取り方は?

警備員の資格の取り方ですが、警備員のバイトを始めて、

いろいろな現場で優秀なところを見せていくと、

事務所のほうにもいい評判がいきます。

すると会社から資格を取らないか?と言われるはずです。


そうすれば、資格取得にかかる費用は会社持ちです。

会社としては、できるだけ会社内に資格所有者を増やしたいところですが、

現場での評判がよくない人や合格しそうにない人には資格を受けさせたくはありません。


まずは、警備会社を選ぶ時、「資格取得支援制度あり」のところを選び、

その会社に採用されたら、現場で評価をあげていくということが重要だと思います。

警備業協会に加入していない会社ですと、資格取得は難しくなりますので、

資格取得支援制度があるのか、ないのかチェックしてみてください。

大手であればあるほど資格は取りやすくなっていきます。


大手の警備会社に入り、現場で評価をあげていくのが、資格取得の早道だと思います。

警備のバイトを探すなら

資格の勉強の仕方は?

できれば、警備員の資格は一発で合格したいところです。

どのように勉強するかが大事ですね。

資格取得の勉強するとき重要なのが思考法です。

その思考法ですが、マインドマップを使っていくことをお勧めします。

もし、これまで、この思考法を利用していなかったら、

資格取得だけでなく、仕事での能力も劇的にアップするはずです。

ぜひマインドマップという思考法を利用して、警備員の資格の勉強をされてみてください。

資格に落ちる人や仕事ができない人のお勧めの思考法

警備員の熱中症対策はどうしてる?グッズもご紹介


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク