引きこもりやコミュ障に図書館バイトはどうでしょう。

引きこもり時代によく図書館にいっていましたが、

本当に図書館で働いている人達は楽そうに見えました。

カウンターにいる人も暇そうですし、

本棚に本を戻している人も自分のペースでゆっくり本を置いている感じがしましたし、

楽そうに見えますよね?

ブックオフのバイトの店員を観察した後に図書館にいくと、

あからさまに違いがわかります。

図書館で働いてる方は本当にゆったりした動作で働いている感じです。

そんなイメージの図書館バイト。

実際にはどうなのでしょうか。

イメージ通り楽なのか?もしくはつらいのか?

引きこもりやコミュ障にもできるのか調べてみました。

スポンサーリンク


図書館バイトの時給は安い?

図書館バイトの時給ですが、かなり安いようです。

資格のないバイトなどになると、800~1000円くらいのようですね。

勿論、司書資格などを持っていれば、

もっともらえるようですが、資格がない場合、とても時給は安いようです。

図書館バイトは思ってるほど楽でない?

とっても楽そうに見える図書館バイトですが、

ネットでは、図書館バイトのことを思ってるほど楽でなくて、つらいなんて書いている方もいます。

一日で、かなり歩かなければいけないようで、

脚が疲れるそうです。

また、たくさんの本をもって配架したりする作業も結構な肉体労働になるということ。

ということで、図書館バイトをつらいと感じる方もいるようですね。

しかし、上でも書きました通り、ブックオフなどの店員と比べていると、

例え大都市の大きな公立図書館でも、それほどつらそうには思えません。

図書館バイトは楽勝だと言っている人は、これまで知人で何人も知ってますし、

やはり他のバイトと比べれば、それほどつらいバイトではないような感じがします。

図書館バイトは司書資格または司書補資格がないと無理?

実際に図書館バイトの求人を調べてみますと、

司書資格または司書補資格必須とか歓迎とか書いてあるところが多いです。

また、PC操作と接客できる方と書いてあるところも多いですね。

では、資格がないとバイトできないの?と思ってしまいますが、

そうでもないようです。

資格なしてもバイトやパートではたらけるようですね。

求人はネットでしらべるのもいいですが、

近所の図書館の掲示板や、運用元のホームページに求人が載っていることもあるようです。

引きこもりやコミュ障にはどうなのか?

では、図書館バイトが引きこもり脱出のバイトとしてどうなのか、、

コミュ障にとっていいか、

ですが、

できるのであればぜひ経験してみたいバイトではあります。

あきらかに働いている人達をみてると、ガツガツした人がいなさそうです。

働いている人の顔をみていても、病んだ感じもないですし、

寝不足で疲れている感じもしません。

また、図書館は静かにしなければいけませんので、

ハイテンションで仕事仲間とワイワイやったりする必要もない感じです。

これはやってみたいと思いますよね?

求人も少なく、通えるところで求人があっても応募が殺到するらしく、

なかなか採用されるのは難しそうですが、

採用してもらいるのであれば、ぜひ引きこもり脱出などのバイトとしてやってみたいバイトではありますね。

ただ正直、採用されるのは難しいかもしれませんので、引きこもり脱出におすすめのバイトをこちらでも探してみてください。

ニートや引きこもり脱出に最適のバイトは?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク