足場バイトはどのようなイメージでしょうか?

いろんなバイトをやった私ですが、足場バイトはやったことありません。

ただ建設現場などで、実際働いている人を見て、これはきついなと思ったからです。

ここでは足場バイトについて、また引きこもりやニート、コミュ障がやったらどうなるか考えてみたいと思います。



スポンサーリンク

足場バイトの日給は?

調べて見ますとやはり予想通り高いですね。

東京では、バイトでも日給が1万~1万3000円くらいは稼げるようです。

これは当然といえます。

足場バイトはどんなことするの?

さて、足場バイトですが、どんな仕事なのでしょう。

建設現場などで、作業員が作業ができるように足場を組み立てていく仕事です。

複数の人間が息のあった連係プレーで、高いところまで組み立てていきます。

よく建設現場などで、この作業を見てたとき、その手際のよさに惚れ惚れした思い出があります。

ちなみに、バイトをした場合、いきなり足場の組み立てなどはやらせないようです。

初心者のバイトがするのは材料の運搬や手元の作業ということです。

まあ当然ですよね。

あんな作業をいきなりできるはずがありません。

危ない作業ですし、命の危険すらありますので。

ニート上がりのバイトに足場バイトはどうか?

では、引きこもりやニート脱出のためやコミュ障が足場バイトはどうか?ということですが、

絶対にやめるべきだと思います。

命の危険がある仕事ですし、働いている人が本当に気の短い職人タイプはがりだからです。

これは緊張感のある現場でなければいけませんので仕方ない部分もあると思います。

ちょっとでもトロい仕草を見せれば、容赦のない罵声が飛んでくることでしょう。

やってるうちに覚えることはできるバイトだと思いますが、

コミュ力があり、テキパキと動け、体力がなければ、絶対やってはいけないバイトだと思っています。

引きこもり、ニート、コミュ障にはきついですし、つらいですね。

勿論、元引きこもりでも、他の建設現場のバイトをやって、人間関係なども問題なくやれた方はチャレンジしてもよいんじゃないでしょうか。

給料は高いですからね。

ニートや引きこもり脱出に最適のバイトは?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク