全国ほとんどのスーパー銭湯でサウナがあります。

そして、サウナの横には水風呂がありますね。

サウナに入って、汗を大量にかいた後、水風呂に入ると、物凄く気持ちよいです。

実は、サウナと水風呂は、うつ病や自律神経失調の方にもお勧めです。

自分は、引きこもりをしていた20歳ころ、

メンタル的につらいと、スーパー銭湯に通いサウナと水風呂やっていました。

とってもスッキリするんですよね。

今回は、サウナと水風呂は、どのような効果があるのか?

また危険な部分もありますので、健康によい正しい入り方を調べてみました。

スポンサーリンク


なぜサウナと水風呂は自律神経に効果があるの?

サウナで身体を温めると身体をリラックスさせる副交感神経が働きますが、

水風呂に入ると、神経を緊張状態にして交感神経が働きます。

この2つを繰り返すと、自律神経が整えられるということです。

また、大事なのが休憩です。

水風呂に入った後、休憩すると、身体がリラックスしていき、自律神経が整います。

サウナ前に椅子が置いてあるところは結構あると思いますので、

そこで休むとよいうと思います。

自分も若い頃、自律神経失調症でしたが、サウナと水風呂を繰り返すと、

とても気分がよくなりました。

引きこもりの方で精神的に滅入っている方も、サウナと水風呂はお勧めですね。

サウナと水風呂の他の効果は?

では、サウナと水風呂の自律神経への効果はわかりましたが、

他にも効果はあるのでしょうか。

箇条書きで書いていきます。

  • 肩こり解消
  • 冷え性解消
  • ダイエット
  • 美肌効果
  • 疲労回復
  • 睡眠の質の向上

など、サウナと水風呂の効果はいろいろあるようです。

サウナと水風呂は危険なことも

以前、いつものようにサウナと水風呂をするために、

スーパー銭湯にいったのですが、

サウナに入ろうとすると、サウナ前に置いてある椅子に人だかりができていました。

なんだろうと思ってみてみると、椅子には50代くらいの男性がぐったり寝ているような感じです。

他のおじさんが、ぐったりしている男性の体をゆすって、

「おーい戻ってこーい」

とか叫んでいました。

その後、そのふったりしている男性は、意識を取り戻すこともなく救急隊の人に運ばれて行ってしまいました。

その人がどうなったかわかりません。

何をいいたいのかというと、サウナと水風呂は危険な部分もあるようなのです。

やはり熱いところから冷たいところ移るので、

温度差にやられてしまうようですね。

特に高齢者、高血圧症の方や循環器系の疾患の方は、気をつけたほうがいいようです。

意識を失ったり、死亡したりすることもあるということです。

サウナと水風呂の正しい入り方は?

では、サウナと水風呂の正しい入り方をご説明します。

まずは、サウナに入る前にしっかりと水分補給をしましょう。

銭湯には、水飲み場がありますので、そちらで水分補給するのもよいですが、

銭湯の水飲み場を使いたくない人は、事前にスポーツドリンクを購入し、

ロッカーに入れておき、サウナに入る前にそれを飲むというのもいいと思います。

そして、まずサウナに入り、しっかりと汗をかいてから、水風呂です。

水風呂ですが、いきなり入るのはまずいです。

勿論、マナーの問題もありますが、

身体にとってもよくありません。

まずは、手桶で身体に水をかけていきます。

足先から太ももまでけてたら、次は手から肘の方までかけ、

今後は、体に水がかからないように頭に水をかけます。

そして、最後に体にも水をかけて、水風呂に入ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うつ病や自律神経失調症の方は、サウナと水風呂は、かなりいいかもしれません。

自律神経に効果があるということです。

腹式呼吸で自律神経を整える

マインドフルネスの効果ややり方は?

疲れてるのに眠れない!不安?寝る方法はどうすればよい?

自律訓練法をやってみよう


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク