自分は引きこもりやニートをしていた時、1人暮らしをすることを目標の一つにしていました。

実際に1人暮らしができるようになったのが、26歳の頃。

警備員のバイトをするようになってからです。

その時、月収が20万くらいでしたが、月々、貯金もしたかったので、

できるだけお金を使わないように工夫する生活していました。

今回は、引きこもりやニートの方が1人暮らしをする際、節約生活の方法について書いていきます。

スポンサーリンク


冷蔵庫だけは大きめに

できるだけ家賃の安いアパートや賃貸マンションを探すと思いますが、

一つだけこだわってほしいところがあります。

冷蔵庫置き場をどうするかということです。

よく賃貸マンションには、最初から小さい冷蔵庫が設置したあるところがあります。

しかし、それを使っていては、節約生活ができません。

冷凍庫がないですし、自炊した料理を大量に保存ができないからです。

節約生活には自炊が絶対です。

毎日毎日、外食をしていては物凄くお金を使います。

なので、休日に自炊をして、後は冷凍庫に作った料理を保存をしておくのです。

それを平日に食べていくということにします。

なので、部屋探しをするとき、そこそこ大きめの冷蔵庫がおけるアパートやマンションを選んでください。

家賃相場の安い地域を探せば、月3~5万くらいのアパートも見つかると思います。

激安スーパーで買い物

食品の購入する場所ですが、激安スーパーというのがあります。

最近はいろいろありますよね。

こちらでご自分の地域の激安スーパーを探してみてください。

激安スーパーはこちら

最近、自分がよく利用しているのが、業務スーパーですかね。

食品もそうですが、ジュース類、お菓子なども、とても安く買うことができます。

冷凍食品などもあり、これがとても便利です。

とはいえ場所をとるので、冷凍庫に入れきれないというのもありますが、

買ってからすぐに調理をして、冷蔵庫と冷凍庫に分けて、保管していくのもいいかもしれません。

業務スーパーに関しては、結構、当たり外れもあり、まずいものはとても食えたもんじゃないといのもありますが、

いろいろ経験していくのもいいと思います。

自分は、お菓子、ジュース、アイスなどは業務スーパーで買って、

他のものは他の激安スーパーで買ったりとか、いろいろなスーパーにいって買い物をしています。

部屋を探すときに、激安スーパーの場所も、しっかり頭にいれて、探すのもよいと思います。

月の食費を1万に

自分は月の食費の目標は1万に設定していました。

これは1人暮らしなら、十分達成可能だと思います。

今回は、食費の節約だけを書きましたが、他にも節約できるところは節約して、

娯楽に使うためのお金と将来のスキルアップのために使うお金、また貯金も毎月、少しづつはしていきたいところですね。


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク