よく自己啓発の本で将来の目標をノートに書きなさいとかありますよね。

しかし、引きこもりをしていると、これがなかなか難しいのです。

誇大妄想的な願望をもって、それを目標にするのもマズイとおもいますし、

かといって現実的な目標を考えていくと、

苦痛になっていきます。


辛そうにしている中年しかいなかった

自分が引きこもりやバイトをしてはすぐに辞めていた20代の時、

将来のことを考えると、苦痛にしかなりませんでした。

なぜかというと、中年男の誰もが辛そうにしてたからです。

特に結婚している中年男です。

本当に重い責任や義務を背負いこみ、

まるで囚人のようでした。

そんな結婚している社員の中年男と接していると、

常に不幸そうな顔をしてため息を吐き、

「小遣いはたばこ代と昼食代しかないよ」

なんてことを言うのです。

なので結婚すると、こうなるのか。。。

という何とも嫌な気分になりました。

これから、自分が頑張って正社員になり結婚しても、

こんな将来が待っているんだ!

そう思いました。

一方で、不幸そうな結婚している人間は、30過ぎて結婚しない人間をバカにしていて、

「いつまでたっても結婚しない奴は人間的に問題がある」

とかいうのです。

そうか!結婚しても辛いし、結婚しないでも世間かバカにされるんだ!

と思い将来の目標というのが立てづらくなったといのがあります。

目標にしたい人がいない

自分はこういった不幸そうな中年を見ていて、

将来の目標について、本当に悩みました。

結婚や正社員といっても、待っているのは地獄。

これを目標なんかにはできないと思ったのです。

僕は思いました。

そうか最終的に金持ちになるしかない。

結局、金がないから、この人達はあまりに不幸そうで、魅力のない人間になっていると思ったのです。

とはいえ世間を見ていると、ガツガツ仕事を頑張って金持ちの人も、

いろいろ不倫をして問題を抱えていたり、病気になってしまったり、

子供に問題があったり、事業に失敗したり、

とやはり単なる金持ちにも魅力に思えなくなり、

どう頑張っても人生は苦痛なんだ、という結論になったこともあります。

自分にとって楽しいことは何なのかを考えて目標にする

その後、気づいたのですが、自分にとって楽しいことはなんだろうか?

ということを大事にしようと考えました。

例えば、海外旅行に行ってみたい、一人暮らしをしたいとか、車を買いたいとか、

そういったことを目標にするように考えました。

自分にとって楽しいことを目標にしていけば、ワクワク感を感じることができます。

ワクワク感が出てくれば、やる気もでてきますよね?

引きこもり時代の20代前半の頃の目標は、いつまでに一人暮らしをするとか、いつまでに車を買うとか、いつまで~を買うとか、

大体、そんなことを目標にしてノートに書いていました。

もし引きこもりの方で、目標設定が上手くいかないという方は、

自分にとって楽しいことは何なのかをじっくり考えて、それを目標にしてみてはどうでしょうか?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク