夜勤のセルフガソリンスタンドも楽なバイトと、いろんなところで言われていますね。

普通の日勤のガソリンスタンドなどは、かなり厳しそうなバイトに見えますが、セルフは基本的にお客が勝手にガソリンを入れて、金の支払いやお釣りなとも機械がやってくれてしまいます。

しかも、夜間になれば、お客は激減し、
本当にやることがない暇なバイトということになるようです。

あまりつらい部分もなさそうで、

ニートや引きこもり脱出のバイトとしても、ぜひやってみたいところですが、、、

仕事内容は?

さて、仕事内容ですが、基本的に監視室にいればいいようです。

殆ど客も来ませんし、来ても自分でやってしまいますから。

スマホやゲームなどもできるようですね。

ただ、時々、お客の相手も当然しなければならないようで、

領収書を書いて渡したり、機械の操作を教えたり、

また、車の異常を訴えてきたお客への接客などもあるようです。

故障の場合でこちらで対応できない場合は、JAFを読んでもらうようお願いしたりするそうです。

スポンサーリンク


資格が必要?

夜間セルフガソリンスタンドで働くには、危険物取扱者乙種4類の資格が必要になるということです。

夜勤が2人体制などの場合は、片方だけがこの資格をもっていればいいということですが、

この資格をもっていることで、採用もされやすいということです。

それほど難しい資格ではないようなので、もし夜間セルフガソリンスタンドに興味があればとってみるのもいいかもしれません。

引きこもりにどう?

この夜勤のセルフガソリンスタンドのバイトですが、ニートや引きこもりにはどうでしょうか?

やはり、かなり魅力的なバイトだと思います。

若干、コミュ力にも自信があるニートや引きこもりでしたら、現状からの脱出のための第一歩として、とてもよいバイトだと思います。

また、かなり自分の時間もとれるようですから、その時間を有効に使って資格をとるとか、勉強をするのもいいかもしれません。

ただ、深刻なコミュ障の引きこもりの場合、少し気になるところもあります。

まずは2人体制の場合です。

相手がどんな人か、自分に合う人なのかによって、居心地がいいか悪いか変わってきます。

もし相方と上手くコミュニケーション取れない場合、かなりつらい時間になりそうです。

次に1人体制の場合ですが、これはコミュ障にとって本当においしいですが、

上でも書いたように、時々、接客があります。

この時、上手く対応できないと、お客を怒らしてしまう場合もあり、

感じの良い対応をしなければなりません。

これが果たして自分にできるかどうか、を考えたほうがいいかもしれません。

ある程度、人と話す自信があるのでしたら、

それほど難しい接客はなさそうなので、十分やれそうな感じはします。

引きこもりが一発逆転するには?

バイトでお勧めな思考法は?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク