ニートや引きこもりをしていると、1年が早いということはないでしょうか?

よく言う人いますよね?

スポンサーリンク


引きこもりをしてると時間が経つのが早い?

大人になると時が経つのが早く感じるといいますが、ニートや引きこもりをしていると、さらに時間が経つのが早く感じます。

引きこもり1日は、だいたい起きるのは早くて昼で、夕方に起きるという人も多いと思います。

例え昼ぐらいに起きても、薬を飲んでいるので、また眠くなり、すぐ寝てしまうという感じではないでしょうか?

外が暗くなりはじめて、ようやく目が覚めてくる感じで、そこから、ネットの2ちゃんを見て、ただ荒しまくったり、ただボーとテレビを見てたり、ネットゲームをしたり、、、

家族が寝静まってから、こっそり台所にいき、食事をして、またネット、テレビ、ゲームをやり、外が明るくなりはじめて寝る、という感じかもしれません。

この生活をしてると、本当に時間はあっという間にすぎます。

しかも、この生活が満更でもなくなり、この状態が一生続けばいいのに、、、

なんて考えてしまうかもしれません。

自分がそんな感じの時がありました。

目標を定めて、スケジュールをたててみよう

しかし、この生活をしていると、引きこもりが長期化してしまう可能性があります。

そして、あっという間に一ヶ月、半年、一年がたってしまいます。

いくら心が病み、引きこもりをしていると、いってもこれではマズイです。

では、どうすればいいでしょうか?

やはり、目標を持つことと、スケジュールをたてていくことをおすすめします。

今は、メンタル的に辛い状況ではあるけど、半年後には仕事を始めよう、とか、いきやり正社員は無理なので、とりあえずバイトから始めようとか、期限を決めて目標を持つことが大事だと思います。

そして、バイトや仕事をするために、今、自分は何をするべきなのかを考えます。

病気を治す、対人スキルを学ぶ、能力開発する、体力をつける、昼夜逆転を治す、などいろいろあるはずです。

そして、ノートにバイトや仕事を始めるまでに、やるべきことを書いていきます。

次に一週間の予定、1日の予定を書いていきます。

1日や一週間が終われば、自分が行ってきたことを振り返り、その反省や今後どうするかを考えて、また実行すべきことをノートに書いていきます。

予定もどんどん変えていってもいいと、思います。

目標にしている半年後のバイトや仕事再開まで、確実に自分が成長するはずですし、例え引きこもりでも充実した時間をすごせるはずです。

そうすれば時間だけが過ぎてしまったということもないと思います。

次のバイトや仕事が上手くいくかわかりませんが、ダメならまたやり直せばいいと思います。

引きこもりやニートが日記を書く

ニートや引きこもり脱出に最適の仕事(バイト)は?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク