自律訓練法をご紹介します。

これはかなり昔からある心身症の治療法ですね。

20世紀になりドイツで確立された方法です。

軽い症状の引きこもりの方は、これだけでも元気になってしまうかもしれません。

体がリラックスできるように自分で暗示をかけていくと方法になります。

学校や職場でストレスをため込み、身も心も疲れ果てた引きこもりの初期段階の方は、

こちらの自律訓練法からやってみるといいかもしれません。

効果ですが、wikipediaには以下のように書いています

自律訓練法は、疲労回復、ストレス緩和、仕事や勉強の能率向上、抑うつや不安の軽減などの効果がある。
また、心身症、神経症などの精神科、心療内科領域の病気にも効果がある。
自律訓練法は自己催眠への誘導法であるので、変性意識状態の体験、多幸感の体験、深いリラックス状態の体験などがある

ここでは、自律訓練法の標準訓練をご紹介します。

では、実践する方法かご紹介します。

スポンサーリンク


リラックスできる環境をつくる

まずは自分一人になれる環境をつくり、椅子に座ったり、ベットに横になります。

その際に、クラシック音楽、波や雨、滝など自分がリラックスできる音楽をヘッドホンで聞くのもいいかもしれません。

まずは腹式呼吸をしてから始めてください⇒腹式呼吸の仕方

第一段階(重感練習)

  • 両腕が重たい

まずは両腕に意識を向け、両腕が重たいという暗示をかけていきます。

  • 両足か重たい

両腕の次は両足が重たいと言葉を暗示していきます。

第二段階(温感練習)

  • 両腕が暖かい

重さの次は暖かさです。

両腕が暖かいと言葉で暗示をかけていきます。

  • 両足が暖かい

次は足の暖かさです。

両足が暖かいという言葉の暗示をかけていきます。

第三段階(心臓調整練習)

  • 心臓が静かに規則正しく打つ

第二段階までで、かなりリラックスした状態になれるると思います。

第三第三階では、心臓が静かに規則正しく打つ、という言葉を暗示していきます。

音声でやってみよう

youtubeの方に自律訓練法の動画がアップされていましたので、これらで実践してみてください。

この先もある

ここまでが標準練習ということになります。

この先もありますが、とりあえずここまでやってみてください。

体の緊張状態は解けていくと思います。

上でも書きましたが、一時的なストレスで疲れているだけの引きこもりの方は、

この自律訓練法だけで治ってしまうかもしれません。

イメージトレーニングでバイトや仕事が上手くいく


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク