ニートや引きこもりをしていると、目標設定が難しいというのはありませんか?

今回はニートや引きこもりにとって難しい目標設定について書きます。

スポンサーリンク


長期的な目標と短期的な目標

短期的な目標

精神的な病気になっていると、ただだだ起きているだけでも辛いという状態なのはわかります。

シャワーを浴びることすら、しんどいですし、薬を飲んで、だた大昔のことを考えながら天井をながめて一日が終わるという感じかもしれません。

なので、なかなか目標が立てにくいというのはわかります。

本当に辛いときはなかなか前向きにはなれないものです。

とはいえ、将来に向けて、目標がなければ、だたひたすら退化してしまうような気がします。

これは本当に自分が引きこもりをしているとき思いました。

なにか昨日より今日と前進できるよう何かしら行動をとらねばいけないと、個人的には思ったのです。

では辛い時、どうすればいいのでしょう。

ます、病気と向き合い病気を治す。

これしかないと思います。

早く働けとか、バイトしろとか言われても無理なものは無理です。

心の病気ということであれば、その病気を治すために少しでも何かすることは前進なるのかなと個人的には思っています。

なので、辛い時の目標は、今週は心理療法的な本を何冊か読もうとか、その内容を実践してみようとか、そういうことでよいと思います。

本当にいろんなことを試してみればよいと思います。

そして、多少なりと心が前向きになってくれば、では実際に外に出てみようとか、簡単なバイトをやってみようだとか、次の目標ができます。

自分は心の病気は簡単には治りませんでしたが、やはりここから始める以外はないかなと思います。

長期的な目標をたてる

短期的な目標も重要ですが、今後、自分がどうやって生きていくのか?どういう最後をむかえるのか?この部分もどうしても考えていかねばなりません。

5年後、10年後、そして老後などの対策ですね。

今は親に世話してもらえますが、親は老いていき、自分より先に亡くなります。

その時、困ってしまいます。

生きていくためには、どうしてもお金が必要です。

なので

どうやったらお金を稼げるのか?

そして自分なら、どういった仕事ならできそうなのか?

これはどうしても考えなければなりません。

昔であれば、自分のことだけでなく結婚もしなければ世間にバカにされたようですが、現在は独り身の人も多く、独身だからといって世間から非難をされるということもありません。

自分が暮らすことだけを考えるのであれば、バイトだけでも生きていけます。

なので何歳だからもう俺は終わりだとか、もう手遅れだ、とかそんなこともないと思います。

それにある程度、資金を貯めて、自分でビジネスをしたり、投資をしたり、と飛躍的にお金を稼ぐ方法を世の中にはあります。

焦らずじっくり将来、自分ができそうな仕事を考えて、そこで自分が金を稼ぐことを長期的な目標とするのはどうでしょうか?

ニートや引きこもり脱出に最適の仕事(バイト)は?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク