ニートや引きこもりをして、そろそろ働くぞと決心したら、徐々に外に慣れていかなければなりません。

そして規則正しい生活をするため、朝早くに起き、外に出掛けることを始めたほうがよいと思います。

家にいると、朝早くに起きても、どうしても昼間寝てしまい、再び昼夜逆転の生活に戻ってしまいます。

しかし、引きこもりを長く続けてると、お金がないので、日中時間潰しができません。

漫画喫茶は高いですし、喫茶店もあまり長くいると、メンタル的にかなり辛いものがあります。

そこで、おすすめなのが、図書館です。

スポンサーリンク


図書館なら全く金がかからない

場所によりけりかと思いますが、図書館は大体9時や9時半から使用することができ、終了時間も5~8時くらいです。

大きな図書館ですと、本当にいろいろな本がそろっていて、飽きません。

メンタル的な病気の本、自己啓発の本、仕事に関しての本など、

これからの人生に役立つをたくさん読んでみるのもいいかもしれません。

館内は静まりかえっており、居心地は最高。

ノートパソコンを使える机もあります。

自分と同族系の引きこもり風の人間もたくさんいるような感じで癒されますね。

しかも、寝ることができないので、日中起きている訓練もできます。

昼食は図書館には食べる専用のスペースがあります。

家からおにぎりでも自分で作り、お茶など、もっていけば一日で電車代くらいしかかかりません。

もし、歩いていけたり、自転車でいける距離なら、全くお金はかかりません。

ただあまり近い図書館に行くと、知っている人に会ってしまう可能性もあり、少し離れた大きな図書館に行くことをおすすめします。

引きこもりの時に徐々に外に慣れたり、規則正しい生活に戻したい場合は、ぜひ図書館通いをしてみてください。

チャールズ・ブコウスキーは引きこもりやコミュ障にもお勧め

「アッシャー家の崩壊」と「黒猫」の異常心理を読む

村上龍の引きこもり小説(共生虫と最後の家族)はどっちが面白い?

ドストエフスキーの「地下室の手記」は引きこもりに必読?

ニートや引きこもり脱出に最適の仕事(バイト)は?



仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク