ニートや引きこもり明けのバイトや仕事で、一日や数日で辞めたくなるかもしれません。

圧倒的に周りに自分が劣っているような感じがしたり、人間関係的にやっていくのは不可能だと感じた時は、すぐやめてしまうのも全然ありだと思いますし、自分も一日や数日で辞めたバイトは数えきれません。

特に人間関係でさらに深い傷を負うとそれが原因で、また長期間の引きこもりになってしまいます。

無理なところは無理です。

しかし、人間関係的には、それほどきつくはないけど、

体力的にきついという場合は、少し我慢して働いて見た方が忍耐力がつき自分のためになると思います。

体力的な辛さは慣れていく

このブログでニート・引きこもり明けのバイトに最適と思えるバイトをご紹介していますが(⇒ニートや引きこもり脱出に最適の仕事(バイト)は?)、

ポスティングや工場や倉庫作業、警備員などは、それほどコミュ力が必要なバイトではありません。

ただ体力的に辛い、という感じだと思います。

ニート・引きこもり明けのバイトで最もお勧めなポスティングなどは、最初の1週間が終われば、体中が疲れて悲鳴をあげるかもしれませんが、

人間関係はほとんどなかったと思います。

工場や倉庫作業なども職場の人と仲良くなっていない初期段階では、ただ黙々と作業をしてればいいだけですから、

それほど人間関係も感じなかったのではないでしょうか?

警備員は、人間関係は当たりはずれがありますが、いろんな現場がありますので、

最初に入った現場で人間関係がつらいと思っても、まだ大丈夫です。

これらのバイトも多少、頭を使って仕事をしていく部分もありますが、この辺の仕事であれば、ただ慣れるだけです。

慣れていけば仕事はできるようになっていきます。

これらの仕事で大事になってくるのは、能力などは殆ど関係なく、ただ忍耐力だけなのです。

最初の頃の体力的な辛さを耐え、慣れていき仕事ができるようになっていけば、自信がつきます。

辛い時期を乗り越えることができた自信は、その後の人生にきっとブラスになるはずです。

自分でお金を稼げるようになれば、一人暮らしもできますし、まだ実家にいて、稼いだ資金で投資やアフィリエイトなどをやっていくのもありかもしれません。

バイトの初期の辛さをぜひ乗り越えてみてください。

人になめられる性格で外見!原因はわかるがどうすればいい?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク