ニートや引きこもりをして面接が怖いというのがあると思います。

特に履歴書に空白の期間がでてしまい、面接官にそこを突っ込まれるのが怖いと思うかもしれません。

自分も履歴書を書くとき、この履歴書の空白で本当に悩みました。

また自分の場合は、短期間で辞めてしまうバイトもたくさんあり、

このバイトは履歴書に書いていいのかどうかで悩んだこともあります。

この空白対策ですが、皆さんかなり苦労しているようです。

一体どのような対策をすればよいでしょうか。

スポンサーリンク


短期でしたバイトを前後の期間を引き延ばす

履歴書に嘘の職歴を書いたり、短期バイトをした期間の前後を引き伸ばしたりする人がいるようです。

実は期間の引き伸ばしは、自分もやったことがあります。

3か月しか働いてないのに、半年働いたことにしたり、

半年のところを1年にしたりというのがありました。

これをして履歴書の長い期間の空白をなくすようにしていました。

自分の場合は、おそらく元働いていたところに電話などされたとしても、

向こうもちゃんと把握してないので大丈夫だろうという自信があったのもあります。

ただ自分はまともな会社に勤めたことがないので、バレませんでしたが、まともな会社ですとバレるのが怖いですね。

とはいえ、これはかなり皆さんやってることのようです。

バイトであれば、大丈夫な可能性は高いかもしれませんね。

正直に書いて聞かれた時の対策を考える

期間を引き延ばしたりするのは、やはりやめておきたいという方は、

履歴書に職歴の空白期間を正直に書きましょう。

しかし、自分も履歴書をかなり長い空白で出したことがありますが、

その場でバカにされたような顔をされて不採用になったこともあります。


なので、面接官にそれを聞かれた時の対策を考えておきたいところです。

では、どう言えばいいでしょうか?



やはり前向きな回答がよいと思います。

・資格の勉強をしていた

・親戚の農家の仕事を手伝っていた

・ホームページの製作のスクールに通いながら、自宅て仕事をしていた

・ボランティアをしていた

・アフィリエイトや投資をしていた

・身内の介護をしていた

などでしょうか。

自分は親せきの手伝いで農業をやっていたと言ったことがあります。

引きこもりだったけど頑張りたいと素直にいって採用される人手不足のバイトもあると思いますが、

やはり何か理由があった方がいいと思います。

いろいろ聞かれた時、しっかりと答えられるような空白の理由を考えておいてください。

正社員を目指す前にはバイトをやっておく

ただ、正社員となると、上で書いたような対策では、どうにもなりません。

履歴書の空白のまま正社員の面接を受けても落ちてしまうと思います。



では、正社員を狙うにはどうすればいいかですが、

まずは、自分が正社員を狙う業種の資格を取得すること。

それから面接で落ちないようなバイトをして働くことになれてから、

今度は、会話術を勉強してからコミュ力が鍛えられるバイトをしてみてください。

これで、資格の取得し、コミュ力も鍛えられ、一応バイトですが働いていたという履歴が残ります。



これならば、過去にニート期間があり、履歴書の空白があったとしても、

ここまで這い上がろうと努力してきた過程を面接官に熱く語ることができます。

コミュ力を上げる方法は?会話術を学んでバイトで鍛える

ニートや引きこもり脱出に最適の仕事(バイト)は?



仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク