若いころ、コロコロとバイトを変えていましたが、

この警備員が一番長く続きました。

警備員に関しては、かなり経験がありますので、自分の経験も書いていければいいと思っています。

ニートや引きこもりに警備員はおすすめかですが、

個人的にはかなりお勧めです。

とはいえ、つらいこともあります

今回は、主に交通誘導警備のつらさについて書いていきます。

給料は?

さて、交通誘導警備員の給料ですが、これは地域によっても違いますし、会社によっても違いますが、

だいたい日給8000円~10000万くらいでしょうか。

最近は、少し上がってきた印象があります。

また交通費が全額支給の会社もありますし、1000円までとか500円まで支給とかの場合もあります。

月収としては週5で働き、残業などをしなければ、20万弱。

保険などをそこから払うと、15万強ぐらいが使えるお金になると思います。


ただ、警備員はみな残業が多いところもあり、週6で働く人が多いです。

残業すると、残業時間の時給はあがりますので、かなり稼げます。

また、夜勤は日給が高くなり、巡回など楽な仕事につければ、

体力的、精神的に楽をしながら給料も30万ぐらい稼げるかもしれません。

スポンサーリンク


夏の暑さ

自分が警備員を始めたのが、確か4月ぐらいでした。

始めたときは、

なんて楽な仕事なのか!

と感動した思いがあります。

それまで、つらい仕事やバイトばかりやってましたし、最初にいった現場が楽な現場だったというのもありますが、

あらゆる部分で楽に感じたのです。


バイト仲間は60歳過ぎたおじいさんと2人で、

とてもやさしく教えてくれたので、どんどん仕事を覚えることができました。

これは楽勝だな~と思っていたんですけど、

ところが夏です。

いきなりつらくなりました。

夏の暑さです。

これはつらかったですね。


立ってる場所にもよりますが、夏の直射日光があたるような場所では、

本当に体力を消耗します。

意識がもうろうとしてきたときもありました。

一日が終わると、ぐったりです。

夏から警備員のバイトを始めて、熱中症で倒れてしまう人もいます。

夏は夜勤のほうがお勧めかもしれません。

冬の寒さ

真冬もつらかったです。

特に2月の寒さは格別です。

カイロを体にペタペタと貼って、タイツなども2枚くらい重ねて履いたり、防寒対策をしっかりやりました。

それでも風が直に当たる場所などに立っていると、これはもうつらかったです。

しかし、まだ昼はいいのです。


問題は夜勤。

これはもうトラウマになるレベルのつらさでした。

1月とか2月のつらさは半端ないです。

特に東北、北海道の警備員の方はさらにつらいかもしれません。

想像するだけで身震いがします。

雨も小雨くらいならいいのですが、激しい雨になってくるとかなり対策が必要になってきます。

靴は長靴のような安全靴を履くのがお勧め。

これでないとぐっちょり靴下まで濡れてしまい、気持ち悪いです。

また一度靴の中まで濡れてしまうと、その後、匂いがきつくなってしまいます。


あと、レインコートなんですが、二種類のレインコートを自分は使っていました。

会社で支給されたレインコートとコンビニなどで買うレインコートです。

会社で支給された方は、下と上が分かれていたので、激しい雨だとパンツのほうまで雨が入ってきてしまいました。

これが本当に気持ち悪いのです。

コンビニなどで買うレインコートは上下一体になっていますで、

パンツには雨が入ってこないんですが、足元のほうまでカバーできないので、

ズボンの足の方が濡れることが多かったです。

とにかく激しい雨の時は警備員はつらいですね。

週末になってくると、流石に疲れてくる

警備員は、60歳過ぎの方がするバイトといってもいいので、楽な現場も多いですが、

立ってる時間が多いですから、徐々に足が疲れてきます。

週の前半は、ほとんど疲れませんが、週末になってくると、疲れが溜まってきたり、足が痛くなったりつらくなってきます。

休みの日になると、ぐったり寝込んでしまいますね。

暇すぎて時間が経つのが遅い

警備員は暇な現場は、本当に暇です。

この暇すぎることが、耐えられない人もいると思います。

暇すぎて時間が経つのが遅いと感じる人も多いようです。


現場によっては忙しい

警備員は本当に現場によって、何もすることがないところから、

一日中、動かなければならない現場もあります。

本当にさまざまで当たり外れがあります。

工事現場のゲートの前に立って、一日中、トラックなど工事関係の車を出し入れしたり、

片側交通の現場などは、本当に気を使いますし、神経をすり減らします。

ハードな現場だと、気の荒そうなドライバーが突然、怒鳴りつけてきたりすることもあります。

時々、うるさい人もいる

警備員は、基本的に60歳すぎた方がやるバイトです。

その方たちは皆さん大体、やさしい方ばかりです。

60過ぎの方は、できるだけ動かないように働いていますから、

こちらにも無理なことは行ってこないのです。

とはいえ、時々、うるさくて威張りちらしている人もいます。

特に自衛隊上がりの隊長などが時々いて、そういうのに当たると面倒くさいです。

若者ばかりの現場は雰囲気が違う

基本的に警備員は、60過ぎた方が働いています。

しかし、ときには30代、20代が多い現場などもあります。

若者が多い現場は、動かなければいけないハードな現場が多いです。

また、若い人が多い現場になると、年配者が多い現場と違い、

ノリがよかったり、楽しくやろうぜ的な雰囲気になっていたりします。

ようするに飲食店のバイト連中のノリに近い雰囲気です。

そうなると、コミュ障の人間には居心地が悪くなってしまいます。

まとめ

いろいろ警備員のつらい部分も書きましたが、ニート、引きこもり、コミュ障が自信をつけるにはいいバイトだと思っています。

引きこもりの後、ものすごいきついバイトをやってから、警備員をやると、特に警備員の楽さを感じると思います。

自分は、どこのバイトも長続きせず1年以上続けられたことがなかったのですが、

初めて警備員で長期間働くことができました。

それから警備員で働いている時に資格などの取得して、IT系の仕事に進みました。

私のように警備員で自信をつけて、

資格などを取得して他の業種で正社員を目指すのもいいですし、

もし警備員の仕事をやってみて、これこそ自分にとって天職だと思えれば、

生涯警備員をやっていくのもありかもしれません。


将来、ロボットなどに警備員は仕事をとられてしまうかもしれませんが、

それはまだまだ先の話になると思います。

あと30年くらいは警備員の仕事はなくならないと思っています。

警備員の人間関係は?底辺やバカが多い?

施設警備員は楽なの?きついところもある?

警備員の資格の種類は?取り方や勉強はどうする?

警備員バイトでうるさい人や嫌な人はどうする?


仕事を何していいか迷っている方はIT系がおすすめ

うつ病など障害があっても無料で支援を受けれるサービスがあるの知ってますか?

ニートを無料で支援!
ハローワークに失望した人は就職支援サービスがおすすめです。

スポンサーリンク